不動産社長のなんでもトーク

ムラカワ不動産社長の日々感じたことや思っていることをつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣映像流出について

海上保安庁の神戸管区の職員が尖閣映像を流出させたとして騒いでいます。
政府の機密情報を漏洩させたとして公務員法に抵触するらしい。
確かに国が公開しないと決定したのであれば、公務員として従わなければならなかった。
しかし、今回の尖閣の映像は機密にすべき内容だったのでしょうか。
私は当初から公開すべきだと思っていました。

検察が粛々と手続きを続けられない状況を政府がつくったことがそもそも問題の発端だと思います。
確かに当初中国政府の圧力は相当なものがありました。
検察が政治的な圧力に屈しないような対応を政府が考えなければならなかった。

その後釈放された時点でも、映像の公開をしなかったことで事態は深刻になっていった。
国民は政府が情報を機密にする必要を理解できない状態で放置されることになる。
本当は日本が悪いんじゃないだろうか?という一抹の不安を抱えながら中国の執拗な攻撃に耐えるのは国民にとってはつらいものがあると思います。

当事者である海上保安庁はもっと憤るものがあったと思う。
政府のこんな弱腰の対応の結果生じた今回の漏洩を政府はどのような対応をとるのだろう。
漏洩した職員を厳しく罰するのなら、政府の無策をまず罰しなければならないのではなかろうか。
担当者がかわいそうでならない。


ムラカワ不動産のホームページ見にきてください。
http://www.murakawaf.sakura.ne.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://murakawaf.blog100.fc2.com/tb.php/845-75bce3fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。